自力整体をおこなう上で、必需品の輪っかタオル。
タオルが人の手の役割をしてくれ、より深く整体することができます。

 

タオルの端を縫い、輪っかにすることで握力を使わず身体を動かすことができます。
親指や手首にタオルをひっかけ、無駄な力をいれずに脱力することが、輪っかタオルを使う事で可能になりました。

 

【作り方】

布の種類:サラシ・布おむつ・ガーゼ
幅30㎝くらいが理想です。
幅が細すぎるのも、タオル生地がゴワゴワするのも不向きです。

 

布をウエストにまわし、おへその前で掴み
顎の下あたりにくる長さが丁度いい長さになります。
写真を参考に、長さを調整して、布の端を縫い合わせてみて下さい。

 

※写真のモデルは自力整体の矢上先生の娘さんです。

 

 

輪っかタオルの計測は、MAHANAでも初回のみ計測させて頂きます。
次回以降は、ご自身でお作りいただくか、お買い求めくださいね。

 

※布はさらし布を使用しています。
※草木染めをしています。
※タオルの長さが合わなくなってきた方も、お直し代300円で受付しております。
※注文から約2週間ほどかかる場合もありますのでご了承ください。

 

1本 1800円(税込)~

※生徒割引あります。(回数券購入の方に限ります)